MENU
浮気・不倫のフラッシュバックの乗り越え方 >>

浮気発覚直後、サレ妻の傷ついた心を癒やすには

2020 6/19
浮気発覚直後、サレ妻の傷ついた心を癒やすには




浮気発覚直後は、本当に一番辛い時期です。食事も睡眠もままならず、仕事や家事も手に付かないでしょう。なんにも考えられないぐらい心がスタボロになってしまいます。

そんな状態で、離婚をするしないという重要な判断はできないのが当たり前ですし、おすすめしません。

自分の気持ちが癒えていないと、夫婦関係を修復する方法を学んだとしても、「どうして私ばっかり頑張らないといけないのか」と、被害者意識が出てきてしまって辛くなってしまいます。

まずは辛い気持ちを癒やすところから

自分を癒すためにすることは「感情を吐き出す事」です。ありのままの感情をブロックをかけずに出していきます。

なぜ「感情を吐き出す事」が大事なのかというと、一度生まれた感情は、心にふたをして我慢してしまうと消えることなくずっと居座り続けるという性質を持ちます。

ですので、とにかくどんな形でもいいから感情を吐き出して、見える形にして、捨てる。これを繰り返すことでかなり落ち着く事ができます。

傷ついた度合いが大きいほど、何回も繰り返す必要があります。かなり根気のいる作業ですが、確実に効果があります。

私が色々試した中で実践しやすく効果があった3つの方法を紹介します。

号泣する

一番オススメなのは号泣することです。泣く事が最もストレス解消に効果的だと、脳科学的にも証明されています。

私はカラオケによくいきました。適当に音楽を入れて、音量あげて誰にも気にせず思いっきり泣く!!個室ですし、人目も音も何も気にせず思いっきり泣けるので効率的です。

まとまった時間が取れなくても毎日5分とか10分とか短い時間でも意識的に泣く時間を作りましょう。それだけでも大分違ってきます。

(のちに受けたカウンセリングの先生から、その方法はとても良いですねとお褒めいただきました。感情の開放に泣くことはとても効果的だそうです。)

カウンセラーさんに話を聞いてもらう

友人に相談するのももちろんいいのですが、おすすめはやはりプロにお願いすることです。

少しでも聞いてもらえると、一時的にでもスッキリしますし、自分の気持を整理することができます。自分だけの視点では見えなかったところから、アドバイスをもらえます。

私は発覚から2ヶ月以内にカウンセリングを3回受けました。全員違うカウンセラーさんでした。私の場合は、その時の気持ちや目的に応じて、専門のカウンセラーさんに話を聞いてもらったという感じです。

さらに、おすすめなのは相性がいいと思ったカウンセラーさんがいたら、ある程度継続でカウンセリング受けるのがより効果的です。

でも、自分に合うカウンセラーさんを見つけるのは時間もかかるし、かなり大変です。(私は結構失敗して無駄な時間をお金を使ってしまいました。)

関連記事>>>夫の浮気を誰に相談すればいいのか
こちらの記事に私がカウンセラーさんを探す時に気をつけた事をまとめていますので、参考にしていただければ嬉しいです。

ちなみに、カウンセラー選びにそんなに時間をかけたくないという人はcotreeというカウンセラーマッチングサイトがとってもおすすめです。1分間、22つの質問に答えるだけで自分の状況にマッチしたカウンセラーさんをおすすめしてくれます。

紙にひたすら書く

自分の気持ちをひたすら文字にします。誰に見せるわけでもないので、どんな罵詈雑言でも大丈夫です。思ったことすべて文字にしましょう。

おすすめは手書きで紙に書くこと

順番だとか、文法だとか、一切気にする必要はありません。落ち着くまで、書いて書いて書きまくる。そして最後はビリビリに破いて終わり。(本当は燃やすのが一番いいらしいのですが、危ないので破る方式をおすすめします。)

シンプルで簡単ですが、絶大な効果があります。書くことでどんどん思考も整理され、客観的に自分の感情と向き合うことができるんです。「こんな風に感じてたんだ」と新しい発見をすることもたくさんあります。

書く事を繰り返すうちに、自分がよく使う言葉あることに気がつくはずです。私の場合は「ちゃんとしなきゃ」とか「私は悪くない」というような言葉をよく書いていました。それが、思考の癖ですね。

書くことは、思考の癖を発見できるいいツールでもあります。

 

補足

SNSを利用するのもおすすめです。同じ境遇の人とつながることができるので良い刺激にもなります。ツイッター、インスタ、アメブロ等にはサレ妻アカウントが多いですよ。

※ただし、投稿内容は慎重に。身バレには十分注意しましょう。専用アカウントを作るのが無難です。

 

 

傷ついた心を癒やす まとめ

1,とにかく号泣する
2,カウンセラーさんに話を聞いてもらう
3,紙にひたすら書く

離婚するかどうかなんて先のことを考えるのは、自分の気持が整ってからで良いのです。焦る必要はありません。焦ってパニックになっている時にした決断は、後から後悔してしまう原因になります。

離婚はいつだってできます。落ち着いて冷静に判断できるようになってからでも遅くはないのです。まずはご自分の気持ちを吐き出すこと、自分の心を癒やすことを優先されることを強くおすすめします。

次の記事>>>>ネガティブ思考から抜け出すコツ




この記事が気に入ったら
フォローしてね!