MENU
浮気・不倫のフラッシュバックの乗り越え方 >>

夫婦ケンカですれ違う理由。妻が泣いたらなぜキレる?男性脳と女性脳の違い

2020 6/16
夫婦ケンカですれ違う理由。妻が泣いたらなぜキレる?男性脳と女性脳の違い




すれ違いの仕組みを知ると、相手や自分を責めてしまう前に現状分析ができようになるので

ぜひ意識してみてもらいたいです。

今回の記事では、夫婦ケンカのすれ違いの仕組みを見ていきましょう。

夫婦ケンカですれ違う理由。妻が泣いたらなぜキレる?男性脳と女性脳の違い

妻が泣いたらキレる理由

妻の泣き顔は、実は男性のプライドを大きく削ってしまう事になるからです。

男性は、自分の妻が笑顔だと、「自分は妻を幸せにできる男なんだ」と自信を持てるのですが

逆に、妻の泣き顔をみてしまうと「自分は妻を幸せに出来ない役立たずなんだ」と非常に落ち込みます。

男性のプライドはズタズタです。すごく自信を無くします。

では、妻の泣き顔を見て自信をなくした夫はどう反応するのか?

妻が泣いた時の夫の問題パタ―ンで多いのは2つです。

  1. 逃避型
    (その場から逃げる。無視する等)
  2.  攻撃型
    (暴言を吐く、物に当たる等)

実は、このどちらも、プライドが傷つけられている為に、発動するんですね。

夫婦ゲンカですれ違う理由

夫婦ゲンカですれ違い理由は、

男女での脳の作りの違いによるところが大きく関係しています。

ケンカになって、感情が溢れてきてしまうとつい泣いてしまう妻。

夫は妻の涙を見ると、「話し合いにならない」と部屋を出ていこうとする。

妻は、ただ抱きしめてもらって「ごめんね」と言葉がほしいだけなのに、、と夫の行動が理解できない。

よく見られる現象なのではないでしょうか。

女性は共感されると癒やされますが、男性にはこの視点が実はあまりありません。

男性にとっては共感よりも「課題解決」が大事だからです。

これは脳の性質による違いです。

男性脳と女性脳の違い

男性脳は、課題解決、目標達成など論理的・合理的に物事を考えます。

一方で、女性脳は、会話によるコミュニケーションや共感を大事にしています。

  • 「課題解決」を求める男性と
  • 共感を大事にする女性

 

そもそも大事にしている事違うので、男女はこうもすれ違ってしまうんですね。

夫婦ケンカですれ違う理由。妻が泣いたらなぜキレる?男性脳と女性脳の違い まとめ

  • 妻の泣き顔は、夫のプライドを削る
  • 妻が泣いたときの夫の反応は
    逃避型or攻撃型
  • 男性脳は、課題解決
  • 女性脳は、共感重視




この記事が気に入ったら
フォローしてね!